PLANARC
BLOG

【一人旅】豊稔池ダム~のんびり散策

一度はお尋ねし、途中で道に迷い諦めていましたが、

今回、観音寺市にお客様のお家ができたおかげで、

リベンジすることができました~

 

一ツーリング愛好者の端くれとして、行くなら、バイクで行くでしょう~

大自然の饗宴に誘われたかのように、青々とした緑たちに囲まれながら、

上へ上へと登って行ったら......

突如の姿現しに、私は唯々ひたすら立ち尽くし、言葉を失っていました。

その巨大さといい、歳月を積み重ねてきた、ちょうどいい古び具合とその豊かな表情に、

最高だと叫ばんばかりに、感激しました。

 

軽く紹介しますと、

豊稔池ダム(ほうねんいけダム)は、

現存する日本最古の石積式マルチプルアーチダムであり、

当時アメリカから導入した最新技術「マルチプルアーチ」を採用し、

学術的にも景観的にも高く評価さている。

後で調べますと、80年以上の歴史を持つにもかかわらず、

なんと現在も約530ヘクタールの灌漑を行っているなど、びっくりでした!

 

周りに小川のせせらぎが聞こえていて、はにかみ乍らもちらほらと顔を見せる石たちが、

私にとって蒸し暑い夏の心涼みでした。

 

毎年の七月中旬から八月初旬に、不定期にゆるぬきが行われるそうですが、

残念ながら、今回は見れませんでした。

また今度のお楽しみにしておくことにしよう!!!