PLANARC
BLOG

【ボンタビ】episode no.2

二日目、気持の良い大晴天で助かりました!

いつもコーヒー豆を購入している喫茶店へ皆を案内しました。

や~休日の朝にゆっくり頂いた一口目のブラックは、やはり格別だ!

贅沢させて頂きました。

 

朝食をのんびりとした気持ちながら、音速のごときに済まし、早速出発しました。

お盆時の高速をなめるつもりは全くありませんでしたが・・・・・

昼過ぎに厳島神社に到着できたというものの、午後三時になっても、高速で渋滞!

仕方なく、急遽プラン変更し、ホテルへ直行することにしました。

予定より早めに着いたので、プラン変更して良かったと思ったぐらい、

ホテルの近辺を堪能することができました。

旅にアクシデントはつきもの。

時にハッピーアクシデントも見方にしてくれます。

ご覧の通り、岩国の錦帯橋にやってきました。

とても美しい橋でした!

まったく違和感なく、大自然と一体になっています。

バレリーナの足腰のように、しなやかで、繊細で、

時が流れているのを忘れてしまいながら、見惚れていました。

橋の下で映したこの一枚、

その目の前に描いた巨大な円弧といい、

複雑ながら秩序性を失わない組み方といい、

本当に美しいとしか言いようがないです。

川底が透き通って見えるように、水もすごくきれいでした。

道理で美味しいお酒ができるのですね!

とういうことで、夕食の料理に獺祭を希望しました。

しましたが、品切れで手配ができなく残念でした。

が、他に地元の銘柄の雁木と五橋を紹介してもらい、

頼んでみたら、案の定とても美味しかったです。

お父さんの友達の満面の笑みとサムズアップを頂きました!

さすが、お水がきれいなだけありますね~

写真はイメージですが、料理も大変良かったです。

予想以上うまかったですし、量もちゃんとあって、みんなが大満足!

このホテルを決めた僕も、ひとまず安心ができました。

食事の後に、鵜飼ショーにも参加してきました。

僕を含め皆が初体験なので、人一倍楽しめたと思います。

橋は夜の顔を見せ、火が川面にゆらゆらと映り、

ほろ酔いながら、小舟に身を任せ。

やれやれ、風情がありすぎて、このおじさんも鳥肌が立ってしようがないですわ!

改めて、やはり美しいです!

天空列車のレールのように~