PLANARC
BLOG

【一人旅】夏の思い出~有明浜

日曜の午後二時頃、ごろごろと気持ちいい昼寝をしていると、

窓越しに物を力強くたたくような音がして、

夢から一気に現実に引き返された自分が確かに、あまりいい気分ではなかった。

六帖の畳から上半身を起こし、ただ呆然と座っていた。

まだこの音について心当たりがないようだった。

しばらく音が続く.....

ふっと気づいたら、

涼しい、エアコンを付けずに寝れてた。

秋だ。秋さんまを味わう間も与えてもらえず、大麻神社の祭りがこの秋の始まり

を告げてしまったのだ。何だか寂しいものを感じる。

この哀愁の雰囲気に浸りながら、過ぎ去りしこの夏の思い出をつまみに、

お酒をちびちびと口に運べばよい。

いつも休日に心のひと時の安らぎを求め、

バイクを飛ばし、海や山などを訪れ回っている。

「飛」という文字を見て、

みんながジェット機を想像してしまうかも知れないが、

それと違って、ただたんぽぽのように、

ゆっくりと風に身を任しながら、漂う感じで走っているだけ。

 

そしてこの夏すごく気に入った場所を見つけてしまった。

有明浜というところでした。

観音寺の南にあり、距離は少しあるが、最高でした。

水はとてもきれいで、さすがシャーボーイの僕もパン一丁になって

入っちゃいました。笑

真夏の太陽は半端なかったが、どうしても日光浴をしたくて、敢行しました。

気持良かった!

「浴」は「欲」に書き換えるべきだな~

インスタントなのにべらぼうに高い焼きそばに、コーラー。

地味だけど、地味にうまいってやつは、おじさんに似合ってるから。笑

さすがにビールはなしか!バイクの無人運転っていつできるかな?笑

この夏、出会えて良かった!