PLANARC
BLOG

ボランティア de ホンバコ

ボランティア活動として…

地元琴平町で子供達に読み聞かせをしているボランティア団体 『415のわ』(よいこのわ)から…本箱を設計してほしいとの依頼。

元々アメリカの田舎町から始まったらしく

街角に本箱を設置し、町の子供達に本に触れてほしいというもの。

日本でもいくつかの県で取り組みをしているみたいです。香川県では初めて。

アメリカといくつかの県の例です。

材料費は約2.5万/個

製作は『えんきち』という親父会の素人

主に屋外で店先の軒下などに設置

条件はこの3つ
そこで、スタッフと私で3案アイデアを出して『415のわ』と『えんきち』の皆さんに決めてもらう事でスタートしました。

みなさんの前でそれぞれプレゼンするスタッフたち

スタッフが表に出るこういう機会は少ないので新鮮で色々な発見があり、頼もしく思いました。

A案〜C案

当然模型も作りました。

では、各案はそれぞれブログで紹介してもらいます。よろしくです!