PLANARC
BLOG

応急危険度判定

少し前になりますが…

被災建築物応急危険度判定模擬訓練にスタッフの河﨑君と参加してきました。

応急危険度判定とは、震災の時に行政から依頼を受けて派遣されるボランティアで

建物を「危険」「要注意」「調査済」に区分して二次災害を防ぎます。


解体予定の木造住宅を重機で地震後のように傾かせた建物で実際にチェックをしていきます。

このように実際の建物で訓練する事はめずらしく、少ない機会なので参加しました。


河﨑君、なかなか似合ってますねー

地震がない事に越したことは無いですが

いざという時、依頼があれば活動出来るように準備しておかないといけませんね。