PLANARC
BLOG

カンリ日記 aok-08

最近の現場の様子です。

少しずつですが着々と進んでいます。

二階天井の気密処理も終わっていました。

この調湿気密シートの上に厚さ300mm程の分厚い断熱層があります。

外壁板張り部分です。

今回外壁板張りの塗装に、エコウッドトリートメントと言う塗料を使っています。

いやな臭いもなく、半永久的に耐久性を持つ自然塗料です。

最大の特徴は木の種類によって様々な色に変化(木材に含まれている成分が紫外線に反応して発色します。)することです。

今回外壁には杉を使用しているので、塗り始めは少し緑がかった色から約一ヶ月ほどで茶色に変色し、時間が経つと最終的にこげ茶色になります。

ゆっくり時間をかけながら建物の変化を楽しめる点がいいですね!

気温も熱くなってきました。

夏までの完成目指して頑張ります!