PLANARC
BLOG

建築とジブリ

出遅れましたがあけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。

今年は年末年始を北陸で過ごしました。

 

どうしても行きたかった場所がありまして、

雪の中富山市内まで足を伸ばしました。

目的はこちらです。

このダイナミックな建築と、

開催中のジブリの大博覧会です。

巡回展で六本木からスタートしているのですが、友人から話を聞いて是非行きたいと思いました。

エントランスからかなりの迫力で感動…!

ここ富山市ガラス美術館は建築家・隈研吾氏による設計です。

木材をふんだんに使っていて、トップライトから優しい光が差し込みます。

吹抜が少しずつずれていることでよりダイナミックな光の広がり方を感じることができますね。

ガラス美術館として運営されていますが、カフェスペースや図書館も併設されており市民の憩いの場となっていました。

 

年始にも関わらずかなりの混雑で、ジブリの会場には流れ込む人の波にのまれてしまいました。笑

子供もたくさんいて、混じってネコバスに乗車♪

乗り心地、けっこういいです!

他にも絵コンテや制作秘話、かつての限定グッズ展示など盛り沢山の展示内容で大満足いたしました!

香川にも巡回してくれたらなぁ。。