PLANARC
BLOG

カンリ日記 aok-04

上棟当日、朝方少し雪が降っていて心配でしたが、日が登るに連れて天気も徐々に回復!予定通り上棟をする事ができました!

面積も大きい為2日間かけての作業でした。

北側化粧柱の金物。スッキリ見せる工夫をしています。

昼食は大工さん達と一緒に豪華な弁当と、治子さんお手製の豚汁を美味しく頂きました。

気温も低かったので、身も心も温まります!

工事も始まったばかり!

いい家が出来るようにしっかり頑張っていきます!

DIYハウス発見!

千葉でDIYハウス発見!

増築したのは玄関

玄関と廊下とデッキだけを増築

部屋を増やさないところもニクいじゃないですか〜

外壁、一枚一枚手貼りをしてなんとも言えない趣に…

内装はというと

玄関スペース 虎がひれ伏してお出迎えです。

そこを抜けると

トップライトがいい光を落としたリビング

扉は全て手づくりでパッチワークキルトみたいです。

当然トイレも一枚一枚丁寧にそしてランダムに

なんと一輪車に木まで植わってます。

(実は枯れてるらしい⁉︎)

ここは日本🇯🇵?

オーナーが世界中を旅行して雑貨を集めたり、イメージを感じてきて創作すること約2年

寒い冬はアルバイトをして暖かくなると作業をしながらの力作

オーナーの人柄が感じられる

イイ家でした〜

カンリ日記 aok-03

前回更新からかなり空いてしまいました。

その間にも現場はどんどん動いています笑

週一更新徹底しなければ…

約1か月間の現場の動きです。二週に一回の訪問なので断片的ですが、

土間打設中

基礎の断熱材もしっかり入っています。

立ち上がってくると建物全体の大きさが想像しやすく勉強になります。

今まで現場を見る事が少なかったので、図面とのスケール間を養ういい機会です。

南面の外部の基礎も立ち上がっていました。

内部の配管をみていると、さや管工法で施工されていました。

こうする事でメンテナンスに対応しやすく、長期優良住宅法の規定にも適合します。

徐々に基礎も出来上がってきました!

いよいよ来月は上棟です!!

エコタウンのつくり方

先日、東京で『エコタウンのつくり方』の勉強会に参加してきました。

講師はみかんぐみ共同代表で東北芸術工科大学の先生 竹内昌義氏。

 

岩手県紫波町や山形県飯豊町で取り組んでいる事例を紹介してもらったのですが、やはりどちらも公民の連携が取れていて、民間のやることを役所が全面的にサポートする

この形が上手く作られていることが成功の鍵でしょうか?

どちらの町も小さな自治体。だからこそ逆にやるとなればフットワークが軽いのか?

小さな自治体という意味では、私の事務所のある琴平町も間違いなく同じ。

日頃から小さいからこその強みを活かすべきと考えていた事は正解かもしれない。

色んな場面で当事務所も地域に溶け込もうと取り組んでいますが、より一層地道な活動とアピールが必要な事を考えさせられました。

 

人を集めるためには

『面白そうなことをやっている〜』

これが一番大事!?

ボランティア de ホンバコ ~お披露目~

この間、町中図書館の本箱第一号完成をご報告させて頂いたと思いますが、

このメッセージを子供たちにも伝えようと思い、

クリスマスイベントの一部分として、お披露目の時間を設けて下さいました。

赤いカバーの下が気になりすぎて、

子供たちが首を伸ばし、みんな真剣な顔になっていました。

じゃじゃん~ご対面!!!

あれってなんやろ?とそわそわし始めた子供たちの気持ちを汲み取り、

隊長が迅速かつ完璧に設計コンセプトを説明してくれました。

さすが!隊長!

これから、本を読んで頂く度にモザイクタイルを貼っていって頂きますが、

お披露目記念として、一人に一つ貼って頂きました。

子供たちみんな楽しんでいましたね~

「そっち行っててよ!あたしが先貼るの!」笑

いいぞ!いいぞ!この勢いじゃ!

サンタも出て来た~

子供たちみんな今日は大漁じゃ!

綺麗にお化粧して頂いたから、今日からお嫁に行ってもらうで。

寂しくなるけど、子供たちと仲良くしてあげてくださいな~

 

ちなみに、四国新聞さんにも載せて頂きました!