PLANARC
BLOG

イメージは舞台 其の二 (passio passive village)

家族+舞台 + 庭(観客席)

 

舞台を中間域に家の室内と庭を繋ぐ

農村舞台の観客席のような広さは残念ながら取れませんが

気持ちは役者気分?

最初の平面スケッチ

舞台が外部のデッキとして、内部のベンチとして二つの要素で内と外を繋ぎます。

最後のスケッチ

より舞台を際立たせるため玄関への直線的なアプローチを変え

2階に吹抜と外室を設けるなど、より外を意識させました。

 

舞台(デッキ)は通常、1階の床レベルに合わせたレベルにありますが

このデッキは椅子のレベルにあわせています。

この事によって庭からは舞台らしく少し高く、

室内ではデッキがベンチとテレビカウンターにと複合的な要素をもたせています。

そして吹抜けを通じて2階につながる。

楽しさをつなげています!

岡山へ

土曜日、岡山に用事があったので行ってきました!

目的は、岡山クレド内にある、



BEAMS岡山店です!

というのも、僕の双子の弟がBEAMS高松店で働いていたのですが、縁あって岡山に転勤する事になり、この度初めてお邪魔しました!

服を買う時は大体弟に選んでもらいながら気に入ったのを買う事にしていて、とても助かっています笑

いつも余計な話もしてしまうので必要以上に長居してしまいますが笑

この日も何点か購入。いい買い物が出来ました。

それからお昼を食べにお店を探していると、

美味しそうな雰囲気のラーメン屋をみつけました。

岡山で有名な「だてそば」というお店です!カツ丼と、支那そばが有名のようで、早速食べてみる事に。


これが本当に美味しくて、あっという間に完食!

特にカツ丼は絶品で、それだけを食べに来る人も多いようです。

これから岡山に行く事も多くなるので楽しみが増えて嬉しいです笑
心も体も満足したいい休日になりました。

【イベント】和気藹々うどん交流ツアー~事前演習

事務所は琴平町にありますが、

みんながお互いに顔の知れてる、こじんまりとした地元なので、

琴平町という堅苦しい町名よりも、

コトヒラファミリーというイメージが強いかも・・・・・と、

僕が勝手に思っちゃったりしています。笑

また、わが事務所の所長は小学校の元PTAだったこともあって、

偶に地元のイベントや行事にも参加させて頂いています。

 

そして、今回は琴平中学校と益城中学校(熊本県)との交流ツアーに参加します。

事務所の役割としては、生徒たちに熊本地震と住宅のお話をします。

むこうに着いたら、益城中学校の皆さんを茹でたてのうどんでお持成しするので、

今日はそのための事前演習をやります。

おっと!!!なんと、いきなり大っきい釜三つも火力全開だぜ!

  

うどんたちが来たる輝く“未来”を、華麗なるダンスで謳歌している姿も、大変見応えあり~

やぁ~ベテランさん〈兼平うどん〉の玉取りはやはり絵になりますな。

見てください。その鮮やかな指使い、ゴールドフィンガーと言っても過言ではありません!!!

 

これがなかなか至難の業だと思いますが、

当日がうまくできるよう、みんな頑張って練習していました。

 

棟上げ

先日琴平の事務所の近くで、棟上げがあったので参加してきました。

この日は最近では珍しく、散餅銭の儀(餅やお菓子などを撒く)が行われるとの事だったので、近所の方や、子供達もたくさん集まっていました。


いざ始まるとこれがなかなか楽しくて、年甲斐もなくはしゃいでしまいました。笑

みなさん取るのが上手で、僕はほとんどとれませんでしたが…

参加できる機会があまり無いので、貴重な体験ができて良かったです。

イメージは舞台  其の一 (passio passive village)

緑あふれる庭に家族のステージ(舞台)をつくれないか。

そこで私がイメージしたのは

私のふるさと小豆島に今も残る歌舞伎

村の農村歌舞伎です。


緑の芝生が観客席

のどかな山間の集落で村人の笑顔と笑い声が聞こえる

みんなが集まる場所を小さくてもいいからつくれないか?

イメージの始まりはそんな感じでした。

【模型製作】広々とした平屋はやはり別格やな~

今回自分が担当となった新築は、大きい庭に立つ平屋です。

意匠と構造の検討を経て、設計図面を完成して、やっと楽しい~楽しい~模型の作成工程に入ります。

模型を作ることは、肌で触れる一番お客様の思いや気持を感じられるプロセスだと思っているので、

いつも気合満々で取り組んでいますが、悠々とした空間作りが個人的な好みなのか、なぜかいつもより燃えてる気がしています!!!

壁を一枚一枚組み立てる作業で、子供の頃夏休みが来る一か月前から、日数をカウントダウンしてたことを思い出すな~

やはり最後の一枚を数えた喜びはたまらんですわ~

南と北側のテラスがリビングによって結び、すごく開放感のある空間となり、とてもいい感じですね。

徐々に中身も充実になってきましたよ~手塩に掛けて育ててきた我が子のように、この子に僕は「かわいい」と言ってやりたい!笑

パズルに最後のワンピースが嵌った瞬間、僕も思わずにっこり!!!
この角度からもまたいいですね~
今度のプレゼンで、お客様に喜んで頂けると嬉しいですね。

うどん屋「竹清」


先日高松にあるうどん屋、竹清にいきました。

高松へ遊びに行く時は必ず行く僕の大好きなうどん屋です。

今まで外食する機会が少なかったので、最近は自分で調べていろんな所へ食べに出るように心がけてます。

まだまだ行けてない店があるので、楽しみながら食べ歩きしていきたいと思います。

モデルハウスの条件と要望

passio passive village の続きです。

基礎工事の進んでいるモデルハウスの様子

計画するにあたってもらった条件と要望を紹介します。

 
【villageの共通条件】

①必ず真南向き

②庭をつくる

③カーポートは造らない

④隣地との境界は柵程度

⑤団地内の外構を統一

 
【モデルハウスの条件と要望】

①建物は約10m×6.5mの縄張りのほぼ範囲内 2階建

②4人家族想定

③寝室は2階で、トイレは一ヶ所でOK

④パッシブデザイン(温熱環境を考慮した計画)

⑤外壁は塗壁と木のみで

⑥屋根は片流れのデザインで

5号地です。(黄色の所)

 

さぁ〜 どうやって攻略するか。

【一人旅】豊稔池ダム~のんびり散策

一度はお尋ねし、途中で道に迷い諦めていましたが、

今回、観音寺市にお客様のお家ができたおかげで、

リベンジすることができました~

 

一ツーリング愛好者の端くれとして、行くなら、バイクで行くでしょう~

大自然の饗宴に誘われたかのように、青々とした緑たちに囲まれながら、

上へ上へと登って行ったら......

突如の姿現しに、私は唯々ひたすら立ち尽くし、言葉を失っていました。

その巨大さといい、歳月を積み重ねてきた、ちょうどいい古び具合とその豊かな表情に、

最高だと叫ばんばかりに、感激しました。

 

軽く紹介しますと、

豊稔池ダム(ほうねんいけダム)は、

現存する日本最古の石積式マルチプルアーチダムであり、

当時アメリカから導入した最新技術「マルチプルアーチ」を採用し、

学術的にも景観的にも高く評価さている。

後で調べますと、80年以上の歴史を持つにもかかわらず、

なんと現在も約530ヘクタールの灌漑を行っているなど、びっくりでした!

 

周りに小川のせせらぎが聞こえていて、はにかみ乍らもちらほらと顔を見せる石たちが、

私にとって蒸し暑い夏の心涼みでした。

 

毎年の七月中旬から八月初旬に、不定期にゆるぬきが行われるそうですが、

残念ながら、今回は見れませんでした。

また今度のお楽しみにしておくことにしよう!!!

模型作製

どんな仕事に対しても全力で取り組んでいますが、特に気合いが入る作業が模型作製です。

昔から細かい作業が好きだったので、模型にもそれが活きていると思っています。


完成した時はもちろん嬉しく達成感がありますが、個人的に徐々に組み上がっていく瞬間が大好きです。

最近は綺麗に早く作る事を心掛けています!